これからの10年間が、人生最後の10年間だったとしたら。

人はいつ命を落とすかわからない。だけど不思議と、自分だけは永遠に生きるかのように感じてしまうんだよね。なんでだろ。もっと良い意味で、切羽詰った生き方をしないといけないなぁと思う今日この頃。

 

ガンジーはこう言った。

明日死ぬかのように生きよ。
永遠に生きるかのように学べ。

 

ジョブズ氏も、伝説のスピーチと呼ばれる演説で、同様のことを言っていた。

(中略)・・・私は毎朝、鏡の中の自分に問いかけています。「今日で死ぬとしたら、今日は本当にすべきことをするか?」と。その答えが何日も「NO」のままなら、何かを変える必要があると気付きます。
スティーブ・ジョブズ伝説のスピーチより)

英文徹底解読 スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式講演: ジョブズが本当に伝えたかったこと

 

明日を大切にすること。これはものすごく大事なことだ。

どちらもすばらしい言葉。

・・・だけど、行動に移すのは、きわめて困難だ。もちろん明日命を落とすことだってありえるんだけど、だからといって、そのつもりで動くとなると、現実的ではない考えばかりが浮かぶ。

明日が人生最後の1日だと仮定したとき、9割以上の人が、明日、仕事を休むんじゃなかろうか。僕はもちろん休む。3秒で即決だ。最後の1日に、何をするのかな。もしかしたらブログを書いてるかもしれないね。生きた証を残そう・・・みたいな?

あれ? そういう意味では、今まさに、明日死ぬ気で生きてるのか(`・ω・´)?

 

・・・話がそれちゃった。つまり、1日単位で考えるのは、現実的な判断に結びつかないんじゃないかなって、僕は思ってる。

では1週間だったら? 1ヶ月だったら? 1年だったら?

期間を延ばしていくと、少しずつ現実に即した判断ができるんじゃないかな。

 

引き続き、お題は「残りの人生が○○年だったら、今の仕事を続けるか?」でお送りするよ!

5年だったら、10年だったら・・・。30年だったら、50年だったら・・・。

 

僕はジョブズの言葉の「今日」を様々な期間に置き換えて、自分に問いかける。とてもおもしろい。

 

「今日」を「3年」に置き換えてみる。これからの3年間が、人生の最後の時間だとしたら、今の生活を続けるか。これくらいだと、まだ夢見心地な回答が生まれる。だけど、ちょっとだけ現実に近づく。

仕事は辞めるけど、ちゃんと引継ぎ期間は用意しよう。義理はちゃんと果たそう。そんな感じ?

 

「今日」を「10年」に置き換えると、驚くほどリアリティあふれる回答が、自分の中で反響する。もうあと1年だけ働いて、お金をためてから辞めようかとか、今すぐ辞めてバイトをはじめようとかね。

 

さらにどんどん数字を大きくしていく。20年、30年、40年、50年、60年。限りなく現実に近づいていく。

 

もう一度、ジョブズ氏の言葉を引用しておこう。

(中略)・・・私は毎朝、鏡の中の自分に問いかけています。「今日で死ぬとしたら、今日は本当にすべきことをするか?」と。その答えが何日も「NO」のままなら、何かを変える必要があると気付きます。

 

最初は「No」だった回答が、期間を長くするにつれて「Yes」になるポイントが出てくる。

僕の場合だと。5年くらいまでなら、迷わず「No」。今すぐ仕事を辞めて、のんびりとした生活を送りたい。10年くらいになると、少し悩むけれど、最終的には「No」を選びそうだ。たまにバイトでもしながら、暮らせれば十分かな。

 

これが「20年」くらいになると、悩みつつも「Yes」になる。しばらく働いて、お金をためたほうが、後々楽じゃないか・・・なんて考える。

 

そして現実での僕の、明日の回答は「Yes」だ。最近繁忙期で残業が続き、身体が悲鳴をあげてるけれど、電車に揺られ、出勤するだろう。

 

このことから、1つわかることがある。それは、僕は最低でも、自分が20年は生きるという前提の下で行動しているということだ。自分が10年しか生きないと思っているのであれば、明日仕事に行くことはないはずだからね。もちろん将来を案ずることは大事だ。

現実問題、ゆとり世代の僕は、50年くらいは先を見据えて行動すべきだろう。だけど、あまり長い期間を重視しすぎるのも、息苦しいよね。でも人は不安に弱い生き物だ。保守的になってしまうと、なかなか抜け出せなくなる。それに人はいつ命を落とすかわからない。あまり先のことばかり考えるのも、それはそれでリスク高い。

 

だから僕は「3~10年」くらいの期間を当てはめて、ジョブズの言葉を思い返す。これくらいの期間であれば、ある程度イメージがわく。1日とか、1ヶ月とかと違い、それなりに長い期間でもある。

これくらいの期間で自分に問いかけて、返ってくる答えが「No」ならば、ジョブズのいうとおり、何かを変えていくべきなんじゃないかと僕は思う。

 

天の声「お前、10年でも、答えは『No』なんだろ? なんか変えてるのかよ?」

・・・あ、ごめん、電話なってるわ。うん、鳴ってる気がする。だからその話は、またの機会にね。じゃね!

 

Twitterもやってるよ~。

あなたの応援が更新へのエネルギー♪ よかったらポチっとしてね★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

ゆとり隊長でした(`・ω・´)♪


PAGE TOP