ひとり暮らし・ゆとりの憂鬱。

ピピピッ……昨日の夕方、示されたのは、37.1という数字。

大丈夫、これくらいの数字なら、まだ挽回は可能だ。

 

 

そんな思いもむなしく、なかなか思うとおりにいかない。

ピピピッ……数字は少しずつ上昇を続ける。

37.5・・・37.7・・・。

 

 

あぁ、わかってたよ。なんとなく身体が熱い。なんとなく身体に違和感がある。

でもここらで止まってくれ。おそるおそる、もう一度測定する。

 

 

・・・38.1℃。

微熱があると気付いてから、ほぼベッドの上で過ごしたんだけどなぁ。

明日までに平熱まで落ちるといいんだけど。。

 

 

 

今ふっと思い出したのだけど、実家にいた頃は、基本的に「体調不良」は悪とされることも多かった。

 

 

親から見たら、体調不良の原因がはっきりとわかっていたのだと思う。

たとえば風邪だったら寝不足、車酔いならお菓子の食べすぎといった感じに。

そして身をもって苦しんでいるときにこそ、過ちを学べという感じだった。

もちろん、心配も人一倍してくれるわけだけどね。

 

 

当時の僕は、体調不良で苦しんでいる上に、叱られるのはつらかった。

それが嫌で、体調不良を隠そうとしたことも、何回かあったなぁ。

 

 

大人になった今では、自力でちゃんと体調管理ができるようにと、あえてそういう教育をしていたのだろうと思う。

父親は風邪を引くとすごくやさしかった。役割分担だったんだろうね。

 

 

離れて暮らす今でも、体調管理について口うるさくいわれる。

風邪を引いたという話をすると、親身に心配してくれる。

 

 

何だかんだ、ありがたいものだね。

 

 

 

そんな僕も、現在は一人暮らし。

そんな状況で風邪を引くと、何かとやっかいだ。

ごはんだって、自分で用意しないと出てこない。

洗濯物だって、さっき自分で干した。

 

 

でも悪いことばかりじゃないなぁと実家のことを思い出しながら、ふっと考えた。

誰にも心配をかけることがないのだから。

心配かけまいと元気なフリをする必要もなく、しんどければ寝てればいいのだから。

体調不良が悪かはどうかは別として、心配かけるのも、つらいものだもんね。

 

 

 

・・・若干重苦しく書いてしまったけど、誤解のないように、少し補足。

 

 

今回の件は、たまたま思い出したから書いただけで、うちの家族は、みんなすこぶる仲がいい。

仲良いエピソードのほうがたくさんあるけど、引かれそうなので、ここでは省略(`・ω・´)笑

 

 

もう1つ。今、結構元気。心配してくれた方、ありがとね♪

元々熱には強いようで、38℃くらいだと、気付かないことすらある。

とはいえ、明日までに治るといいなぁ。

 

 

何が言いたかったのかよくわからなくなってきた。

ふっと実家が懐かしくなったのかなぁ(´・ω・`)笑

ブログ書いてすっきりしたし、今日もなるべく早く寝よう。

 

 

Twitterもやってるよ~。フォローしてね(`・ω・´)♪

 

あなたの応援が更新へのエネルギー♪ よかったらポチっとしてね★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

 

ゆとり隊長でした!

 


PAGE TOP