結婚式の祝儀、誕生日には贈り物、時折お返し。重たい人付き合いは、僕にはいらないかな。

僕は無駄なお金を使うのが嫌いだ。お金のかかるような人付き合いも必然的に嫌いだ。常識という名の、よくわからない縛りは本当に嫌い。結婚式の祝儀に3万円が常識? 贈り物をもらったら、お返ししないとだめ? なんでそんなごちゃごちゃさせるのさ。大事なのは気持ちでしょ。お互い気付かれしてどうすんの。

この記事は、不快に感じる人もたくさんいると思う。あらかじめ謝罪しておきます。ごめんなさい。ここまででイラっとした方、この辺で読むのを止めておいて。でも見に来てくれて、ありがとね。他にもいろいろ書いてるから、別の記事を見ていってくれたらうれしい。

Twitterもやってるよ(`・ω・´)♪

 

贈り物は互いに疲れる

結婚式の祝儀

これ、ホントに意味わからない。相場なるものが存在していて、もはや気持ちでも何でもないじゃん。結婚式を開くほうは、この祝儀を計算に入れて予算を組む。そんなのおかしいでしょ。結婚式の招待状とか、もはや爆弾。よほど仲の良い友人でない限り、いらない。

 

一方で、祝儀を受け取ったほうも、ものすごく気を使うらしい。人によっては、参加者に損をさせないように、祝儀の額以上かけて料理を豪華にしたりするとか。ごめん、僕にはやっぱり理解できないよ。お互い気を使ってるだけじゃん。もっと純粋に楽しもうよ。

 

居酒屋でも貸しきって、1日中バカ騒ぎしたほうが、よっぽど良い思い出になるし、お金もかからないんじゃないかな。二次会みたいに会費制にすれば、お互い気遣いは最小限で済む。夢がなさすぎるかなぁ。

 

出産祝い

うちの職場では、子どもが生まれた人には、1人数千円ずつ徴収して、出産祝いとして渡す慣習がある。僕はこれ自体はすごくいいことだと思ってる。結婚式の祝儀と違って、1人あたりの負担はそれほど大きくないし。でも集まればそれなりの額になるもんね。

 

だけどおかしいのはこの後だ。

『お返し』が義務。

 

常識を超えて、もはや義務。「お返しをするのが慣例だからね。」と直接伝えているのを聞いた事だってある。もう意味不明。

 

何十人分ものお返しを購入し、せっせと運ぶ。すごく大変な作業だろう。そんなことをする暇があったら、かわいい我が子の顔を眺めていたいはずだ。

 

集める金額をもっと落とせばいいんじゃない? もちろんお返しは不要。その代わり、3分くらい、スピーチでもしてもらおうか。いかに今幸せかを。どれだけ我が子が愛しいかを。幸せをおすそ分けしてもらおう。もうそれで十分じゃないかな。変なお返しよりも、そっちのほうがうれしいよ。あたたかい気持ちになれるよ。

 

誕生日プレゼント

やたらと、プレゼントを用意したがる人って、周りにいない? すごく素敵なことだと思うんだ。だけど1度やりだすと、他の人のときにやらないわけにはいかなくなる。

 

最初は良くても、だんだんうっとおしくなってくる。もらう側も、受け取る側も、だんだん疲労してくる。だけど止め時がわからない。続けるしかない。自分はもらっちゃってるから。

 

気持ちを伝えたいのなら「誕生日おめでとう♪」 この一言で十分だと思うんだ。うれしいよ、それだけで。それだけじゃ物足りないなら、ジュースの1本でも奢って

「お前、今日誕生日だよな。よし、おごっちゃる。何なら2本買ってもいいんだぞw」

これくらいなら、お互い気楽だし、いいんじゃないかな。

 

余計な人付き合いも断捨離したければ、物理的距離がもっとも有効

ここまでいろいろ書いてきたけど、人付き合いを捨てるのは、なかなかに難しい。僕も今の職場にいる限りは、なぁなぁの人間関係を続けていくことになると思う。相手に不快な思いをさせるのは避けたいから。

だけど環境を変えるきっかけがあったら、遠くにいってしまうという選択肢もあるということも頭の片隅においている。自然な形でフェードアウトできる。一度リセットをかけるだけでも、ずいぶんと身動きがしやすくなるはずだ。パソコンと一緒だね。

 

物理的な距離は、余計な人間関係を断捨離できる

僕は大学に進学した際、地元を離れ、一人暮らしをはじめた。そのときに強く実感したんだけど、物理的な距離は、余計な人間関係をきれいに壊してくれる

物理的な距離があると、気乗りしない誘いは、簡単に断れる・・・というより、断らざるえなくなる。誘う側も、断られる可能性も考慮した上で誘ってくるから、しつこく誘ってくることはないよ。当時は別に人間関係に悩んでいたわけじゃないけど、寂しい一方で、少し晴れやかな気持ちにもなった記憶がある。

 

 

本当に大事な関係は、そう簡単には壊れない

これも学生時代に実感したこと。距離が離れていても、本当に大事な関係は、なんだかんだ保たれる。お盆とか正月になると、不思議と連絡を取り合っている。こちらに遊びにきてくれることだってある。

離れているからこそ、会うきっかけになったりもする。「お前が帰ってくるなら、今度みんなで集まろうか!」みたいにね。

 

まとめ

自分が重荷に感じるような人付き合いはしたくない。おそらく相手にも不快な思いをさせるだけだ。今でもそんなに交友関係が広いほうではないけど、受動的な付き合いではなく、もっと自分で選択していけるように努めたい。またお互いが疲労するような常識という名の縛りは、少しずつでもほどけていったらいいなぁと思う。

 

Twitterもやってるよ~。フォローしてね(`・ω・´)♪

あなたの応援が更新へのエネルギー♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

 

ちょっと煽り気味の記事を書いてしまいました。不快に感じた方には、お詫びいたします。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ゆとり隊長でした!


PAGE TOP