めんどくさがり屋のための家計簿入門~年100万円生活ゆとりの家計簿継続術

節約のためには、お金の流れをきちんと把握する必要がある。そのためには家計簿を付けるのが一覧なんだけど、意外と家計簿って続かないんだよね。わかる、わかるよ。その気持ち。僕も過去に何回も挫折したから(´・ω・`) この記事では、めんどくさがり屋の僕でも、家計簿が付けられるようになった方法を解説する。

Twitterもやってるよ~。フォローしてね(`・ω・´)♪

あなたの応援が更新へのエネルギー♪ よかったらポチっとしてね★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

家計簿をつけるメリット

家計簿をつけるのってめんどくさいよね。そのめんどくささを打破するために、メリットを先に紹介しておくよ(`・ω・´)

自分の生活コストを把握できる

自分がいくらあれば、1ヶ月間生活できるか把握できてる? 1年くらいきちんとつければ、ある程度自分の生活コストがわかってくる。これはすごく大事なこと。

自分の生活コストをきちんと把握しておかないと、世間の常識にだまされる。家計簿をつけてることで、僕は年100万円もあれば、十分に楽しく暮らせることがわかった。

「そんな生活つまらなそう」「貧乏人の強がりだ」・・・そんな声が聞こえてきそうだけど、実際に数字に出ているのだ。きちんとしたデータがあると、良くも悪くも世間の常識への耐性が身についていくよ(´・ω・`)笑

自然と節約できる

僕は家計簿をつけるのがめんどくさいという理由で、余計なものを買う機会がだいぶ減った。買い物をすればするほど、家計簿をつけるために、買い物の内容を暗記したり、メモをしたり、あるいはレシートを持ち帰る必要がある。もうそれがめんどくさい。だから結果的に、いらないものは買わない。

また家計簿は、誰かに見せるわけではないけれど、成績表みたいなものだ。なるべくいい点数を取りたいと思うのが、通常の感覚だよね。無意識に不要なものは買わないようになっていく。ほんと不思議(`・ω・´)

お金を管理しやすい

もうこれは当たり前だよね。お金の管理は抜群にしやすくなる。家計簿の利用方法の1つとして、僕のケースをあげておこう。社会人になると、飲み会や何かしらのお祝い金など、突発的にお金が飛んでいくが、仕事でかかったお金と、その他で使ったお金を完全に分離させて記録している。これによって、節約と社会人としての体裁を何とか両立させているつもりだ。

節約!と叫んで、毎月の支出額だけを意識しだすと、職場での飲み会にいちいちストレスを感じる羽目になる。下手すると、飲み会代に比べれば安いからと、小さな出費が増えかねない。しかし家計簿できちんと管理していれば、メリハリをつけて節約に取り組める

 

 

家計簿を継続するためのポイント

僕は過去に何回も家計簿が続かず、短期間で断念してきた。しかし試行錯誤の末、今ではもう何年も継続できている。めんどくさがり屋の僕にしては、かなり奇跡的なことだ。めんどくさがりの人でも家計簿を継続するためのポイントをまとめてみた。

書き込む量を最小限にする

きっちり書こうと思うと、かなりの労力を要する。だから適当でいい。「お米、にんじん、卵、牛乳、冷凍食品」と購入したのならば、金額の高めのものを適当に選べばOK。「お米、冷凍食品ほか」くらいでいいんじゃないかな。これくらいなら、続けられる気がしない?

金額もアバウトでOK

金額だって、多少アバウトでも大して困らない。1円単位まできちっと書こうと思うと、これまたものすごい神経を使う。レシートを保存したり、お金を使うたびに金額をメモるといった作業が必要になるはずだ。ちなみに僕が過去に家計簿で挫折した大きな原因はこれだった。レシートを財布に保管し、まとめて転記してたんだけど、徐々にめんどくさくなって、フェードアウトパターン。これを何回も繰り返したなぁ(´・ω・`)

では金額をアバウトにするとは、どれくらいをいうのか。これは人によると思うんだけど、僕の場合は、10円未満を原則切り上げて、家計簿に書いている。108円の商品は、110円として書けばOK。買い物総額が548円なら、550円として記入する。

シンプルな家計簿を使う

1日に1ページ使うようなものや、レシートを貼っていくようなものは、個人的にはあまりお勧めしない。手間がかかるから、継続しづらい。またページの消費が早いため頻繁に買い換えなければならなかったり、かさばったりする。

僕が使っているのは、見開き1ページが1ヶ月分で、横1行が1日分というシンプルなもので、1冊あたり約2年使える。手帳とかでもそうだけど、継続して使っていると、ものすごくなじんでくる。毎日使うものこそ、長く使いたいものだよね。またシンプルなものほど、柔軟性のある使い方ができるし、書く量も自然と減少し、負担になりにくいはずだ。

まとめ

僕は家計簿をつけることで、自分自身の生活コストを明確化でき、また自信にも繋がった。ズボラーであっても、家計簿は続けられる。家計簿をつけるメリットは大きいので、つけていない人は今一度、家計簿の導入を検討してほしいな。

Twitterもやってるよ~。フォローしてね(`・ω・´)♪

あなたの応援が更新へのエネルギー♪ よかったらポチっとしてね★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


PAGE TOP