海外の有名ミニマリストからも高評価の『20/20ルール』が良い感じ~断捨離の明確な判断基準を持ちたい

モノを捨てるって、難しいよね。ほんとに難しい。捨てたらもう、返ってこない。本当に捨てて大丈夫か。そんな悩みを断ち切るには、明確な基準を持つことだと僕は考えている。そこで『20/20ルール』というものを紹介する。

Twitterもやってるよ~。フォローしてね(`・ω・´)♪

あなたの応援が更新へのエネルギー♪ よかったらポチっとしてね★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

20/20ルール

少し前になるんだけど、断捨離の判断基準に関して、面白いものを知った。Twitter経由で読んだ記事。英語の記事ということもあり、自分で見つけることはまずなかっただろうなぁ。Twitterって自然と情報が集まってくるから、ありがたいよね。

ではさっそく紹介する。前述したとおり、英語の記事。僕は英語が出来るわけじゃないので、全部きっちり読んだわけじゃないし、和訳が正しい保障はありません。また結構アバウトな訳し方をしてるので、興味がある方は元記事を読んで欲しい。あまりよくわからないけど、有名なミニマリスト(シンプリスト)っぽい?
元記事:Ms. Simplicity: Use the 20/20 rule to tackle clutter

20/20ルールとは

英語力に自信がないので、最低限の引用だけ。和訳間違ってたらごめんなさい。指摘いただけると助かります。

The rule is simple—if you can replace something for less than $20 in less than 20 minutes, you can get rid of it.

(そのルールはシンプルだ。もしあなたが20ドル以下で、20分以内に何か代用品を用意できるのであれば、あなたはそれを処分することができる。【和訳:ゆとり隊長】)

ふむ、とてもシンプルなルール。もう一文引用しておこう。いくつかのモノについて例示されてるけど、僕が一番苦戦している書籍について書かれた一文だ。

Books: Some of us love our books more than our children, and we will not part with them, while others are ready to start parting with them. Remember, we have great resources like public libraries and swapping with friends to meet our 20/20 rule. Knowing these free resources are nearby can give comfort in shedding books.

(書籍:書籍を手放す覚悟がある人もいるが、中には子ども以上に書籍を愛する人たちもいて、決してそれを手放そうとしない。でも20/20ルールを思い出して欲しい。わたしたちは図書館や友人との交換などを考慮すれば、莫大なリソースを持っているんだ。これらの無料で使えるリソースを知ることで、書籍を捨てられるようになるはずだ。【和訳:ゆとり隊長】)

たしかにこのルールを適用すれば、書籍はある程度処分可能といえるなぁ。

20/20ルールは時間の概念がポイント?

金額を判断基準にするというのは、多くの人がやっているのではないかと思う。そこに20分という時間による縛りを加えているのが、この20/20ルールのポイントだろう。

前述の本の場合でも、20ドルという値段だけでは、ほとんどの本が当てはまってしまう。しかし20分以内で代用品が手に入るかという条件が加わると、書籍によって判断が分かれてくる。

ベストセラーで、どこの書店でも買えるようなものなら、クリアしているといえるだろう。またまったく同じ本である必要はなく、代用品が多く存在する類の本であれば、クリアしている可能性が高い。たとえば辞書や辞典のような使い方をする本は、代用品が用意しやすいよね。処分を検討してもいいかな。

逆に絶版になっている本とか、あるいは「この本じゃないとだめなんだ!」と思い入れのある本については、20/20ルールをクリアできない可能性が高く、処分しないほうがよいのかもしれない。

20/20ルールは、汎用性が高い

このルールは、シンプルであるがゆえに、あらゆるモノに対して適用できる汎用性の高いルールだ。

また「20」という数字を、別の数字に入れ替えることで、より自分に適したルールを作成してもいい。30/30ルールでもいいし、20/50ルールでも80/20ルールでもいいはずだ。

まとめ

断捨離の基準に、時間の概念を具体的な数字として取り入れるというのは、とても意味のあることだと思う。この20/20ルールはとてもシンプルで、汎用性も高くて扱いやすい。今後の判断基準に重宝しそう(`・ω・´)♪

Twitterもやってるよ~。よかったらフォローして!

あなたの応援が更新へのエネルギー♪ よかったらポチっとしてね★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

ゆとり隊長でした~。

 


PAGE TOP