節約とミニマルライフは共存できるのか~捨てて後悔したことってある?

僕はなかなかモノが捨てられない。「いつか使うんじゃないか」・・・そう思ってしまうからだ。だけど処分して後悔したことって、ないんだよね。それならば、どんどん処分すればいいのに、なかなかできないという矛盾

Twitterもやってるよ~。フォローしてね(`・ω・´)♪

あなたの応援が更新へのエネルギー♪ よかったらポチっとしてね★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

断捨離は「断・捨・離」をそれぞれ実行しないとだめ

僕は年間100万円生活を実行できており、節約は得意だ。安物買いの銭失いを体現していたこともあったけど、ここ数年、それもかなり減ってきた。

つまり断捨離のうちの「断」については、それなりに実行できているんだよね。だけど残り2つができていないから、無駄なものがなかなか減らない。

何とか少しずつ実行できるようにがんばってるんだけどねぇ。本もだいぶ売ったし。
ネットオフで本を売却した結果を報告する!~覚悟を決めて書籍の断捨離を開始

僕が断捨離やミニマルライフに強い関心を抱くようになったのは、次のような生活を経験したからだ。
スーツケース1つで数ヶ月間旅行したときの話~所有しているものすべてを使う生活

この経験を通して「離」の部分は、だいぶ改善されたはずなんだけど、それでもまだまだ未熟だと強く感じる。

「離」とは「モノに対する執着から離れる」ことを意味するらしい。これができれば、あとはやる気さえ出せば、自然と「捨」も実行できるはずなんだけど、なかなか捨てられないんだよねぇ(´・ω・`)

節約とミニマルライフとの間の葛藤

断捨離の「断」は節約をしていれば、自然とできる。だけど「捨・離」はある意味、節約とは対極にあるともいえるんだよね。持っているものを最大限生かし、捨てずに使い切ることこそが節約の美学だったりするよね。

僕はそこまで徹底できていないけど、それでもやはり、使えるものを処分することに抵抗はある。それがたとえ長い間使っていないものだとしても。

まだミニマルライフとかを意識していない頃の負の遺産が、今も山ほど存在していて、それらの処分に頭を悩ませちゃうんだよね。

今後新しく購入するものは、はじめから捨てずに済むようなものを選べばいい。とはいえ、限界はある。やはり定期的に処分するという行為は、今後も必要になってくる。

所有するコストと節約のバランス

結局は、所有するコストと、節約との間でのバランスの問題だ。所有コストとは、家にあって邪魔ではないかとか、引越しのときに困らないか・・・といった観点でのコストだ。

僕にとって一番捨てられないのは書籍。書籍は、1冊あたりで考えると、所有コストは低め。だからこそたまっていってしまうんだよね。しかし「チリも積もればマウンテン」。上手にコントロールしていきたい。

所有コストは、数字に表れにくいけど、かなりの負担になっていると僕は考えている。フットワークも重くなるし、過度な所有はいいことなんて、何もない。たとえばより安価で条件の良い賃貸物件が出ても、簡単には引っ越せない。これだけでも無駄なコストだよね。

節約とミニマルライフは共存できる

 

過去にこんな記事を書いた。これは節約とミニマルライフの両方を意識しての選択だった。どちらかといえば、節約の側面のほうが強く出てるけど(´・ω・`)
コスパ重視のパソコンの選び方(後編)~愛用してたノートパソコンがぶっ飛んだ。。

しかしときには、節約かミニマルライフかの選択を迫られることはある。ミニマルライフは、基本的にはモノを減らしていこうという考え方。一方で節約は、コストを削るという考え方であり、衝突することもある。

例をあげよう。僕はスマホとガラケーの2台持ちだ。さらにパソコンを外でも使えるように、PocketWifiも持ち歩いている。ミニマルライフ的には完全にアウトだろう。スマホ1台ですべての約を担えるはずだから。だけど、僕は節約のほうを選んだ。ガラケーを余分に持つことで電池切れの心配が不要といったメリットも享受できている。

以上のとおり、節約とミニマルライフは、衝突する場合がある。実際に僕も、日々悩みながら生活している。だけど決して、相性が悪いわけじゃないと考えている。ミニマルライフを意識すると、生活はシンプルになっていくからだ。物事というのは、複雑になればなるほど、お金や時間がかかる。これは明らかだ。無駄を省くことは、節約に通じるのだ。

稀に衝突するから、そのときは自分なりの判断基準を持っておこうということになるのかな。僕の場合であれば、節約を重視する傾向がある。上手にこなせば、節約とミニマルライフは、きっと共存できる。僕はそう信じてる。

まとめ

このブログで、ミニマリストを目指すと書きながら、どこか違うことをしていると感じるときがあった。その原因は、節約とミニマルライフとの間の小さな矛盾だった。今後も向き合っていくべき事柄だと思っている。そして願わくば、上手に共存させた生き方を目指していきたい

Twitterもやってるよ~。フォローしてね(`・ω・´)♪

あなたの応援が更新へのエネルギー♪ よかったらポチっとしてね★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

ゆとり隊長でした☆


PAGE TOP