スーツケース1つで数ヶ月間旅行したときの話~所有しているものすべてを使う生活

僕はたったの数ヶ月なんだけど、スーツケース1つで海外を旅行したことがある。そのときに持ち歩いていた荷物って、当然だけど大した量じゃなかったんだよね。

生活するのに本当に必要なものって、きっとわずかなものなんだとはじめて学んだ出来事だった。
そしてミニマリストという生き方に興味を抱くきっかけとなった。
そのときの所有物について、少し振り返ってみようと思う。

スーツケースの中身は?

パソコン、スマホ

やはりこの2つははずせなかった。

現地でポケットWifiを契約したけど、使い放題ではなく、通信量に制限があった。たしか1ヶ月で2Gbだったかな。値段は、驚くほど古い携帯電話(通話料抜き)とセットで日本円で3,000円ちょっとだったと思う。

通信量の制限があったことや、滞在場所が個室ではなかったこともあり、結果としてスマホをメインで使うことになった。それでもPCはあると安心だよね。ブログを書くなら、PCのほうが圧倒的に楽だし。

スマホ用のモバイルバッテリーも持参した。大いに活躍してくれたなぁ。

アダプター関係

スマホやPCの充電アダプターは当然持参。でもプラグの形状が違うから、変換アダプターも持っていった。変圧器は不要と判断し、持っていかなかった。電化製品って、対応している電圧の範囲がかなり広いんだよね。

コンセントタップも1つ持っていった。コンセントの数が限られているとき、非常に便利だった。

入浴セット、薬関係

シャンプーやボディソープ。それから日焼け止めかな。
日焼け止めなんて、日本にいるときはまったく使っていないけど、紫外線があまりに暴力的だったので現地で購入した。

肌に直接塗るものについては、やはり慣れている国産品が安心だ。
花王や資生堂の製品は、現地でも手に入るので楽だった。

それから薬関係は出国前に購入して持ち込んだ。酔い止め、胃薬、風邪薬、解熱鎮痛薬、下痢止め。薬局で店員さんに相談し、最低限のものをそろえた。結局ほとんど出番はなかったけど、あると安心だよね。

衣服

スーツケースの大部分は衣服で埋まっていた。ジーンズ2着と寝るとき用のジャージ。それから上着を数枚、Tシャツが5枚くらいだったかな。もちろん下着も必要だ。それとタオルも数枚。

1週間に1~2回の洗濯で、何とか回せるような枚数。これで困ることはなかった。洗濯はもちろん、コインランドリーだった。これくらいの枚数でも、持ち歩くとなると、スーツケースをいっぱいにしてしまう量なんだよね。

その他

寝坊が不安だった僕は、目覚まし時計が必要だった。それと書籍。ガイドブックは出国前に購入して持ち込み。現地でも、日本の書籍を取り扱っている古本屋を発見して、何冊か購入した。

現地の人がいく通常の本屋さんや図書館にも、しょっちゅう足を運んだなぁ。本を多く所有できない分、書店や図書館で本に触れることで、バランスを保ってた(´・ω・`)笑

現在、本の断捨離に苦戦しているけど、このときは本を所有していないことにストレスはまったくなかったんだよなぁ・・・今思い返すと。書店や図書館にはちょくちょくいってたから、本に触れる機会は必要なんだろうけど。

まとめ

今思い出しても、旅行中の生活はそんなに不便なものではなかった
だけど、あのとき所有していたモノって、一人ですべて持ち歩ける量だったんだよね。
少しでも、あのときの状況に近づけていきたいものだね~。

ゆとり隊長でした!


PAGE TOP