サービス残業? よろしい。ただしそちらも気軽な気持ちでさせるなよ?

サービス残業や時間外でのただ働きを、当然のように要求してくる人に言いたい。
「気軽な気持ちでさせるなよ」と。
あなたたちがやっていることは、窃盗や恐喝と大差ないと自覚した上で行っていただきたい。

あなたの応援が更新へのエネルギー♪よかったらポチっとしてね★にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

残業や休日出勤が生じるのは仕方がないが・・・

誤解がないように、先に書いておくね(´・ω・`)
別に僕は、残業や休日出勤といったものを、全否定しようとしているわけではない
ただし、それらが生じた場合は、必ず下記のような方法で労働者に還元されるべきだろう。

残業代をきっちり出す

別に定時から5分遅れたから、残業代を出せとまでは言わない。
やはり多少の誤差はあるだろう。
だけど定時から30分も経っていれば、誤差ではないんじゃない?

会社によって、残業を付けるのは何時以降・・・といった暗黙のルールが存在する場合がある。
その空白の時間は、数時間に及ぶこともある。
まったくもって理解できないし、したくない。

代休で対応

休日出勤などの場合、勤務時間をすべて残業代とするのは大変かもしれない。
その場合は、代わりの休日を用意すればよいはずだ。

「忙しいから、代休は諦めて出勤する」
こんな会話が聞こえてくることがあるが、絶対におかしい。
代休が取れないのであれば、残業として処理すべきだろう。
残業代として還元されるなら、文句はない。

有休は自由に消化

有休が取りにくいという職場も少なくないという。
本来、有休は紛れもなく、労働者の権利だ。
ときには日程調整が必要なこともあるだろうが、原則自由に使えるし、完全消化するのは当たり前のことだ。

だけど完全消化できている人は、僕たちの周りにどれだけいるだろう。
無言の圧力、ときには有言の圧力をかけられるよね。
もう一度言っておこう。
有給は労働者の権利だ。

モノやお金はだめだけど、時間を盗るのは許される風潮

僕はこの風潮が不思議で仕方がない。
なんでこんなことが許されるの?

僕たちの時間の価値

1日8時間労働で年収を300~400万円の場合、時給換算だと1,500~2,000円程度になるようだ。
(参考)年収1000万円は時給5000円!年収→時給換算早見表つくったよ

これ以降の話は、この数字を前提に進めていくよ。
ちなみに上の数字は税引き前のもの。

サービス残業の常習化は、万引きや窃盗行為に等しい

人それぞれ状況は違うと思うけど、サービス残業は常習化すると、徐々に麻痺してくる。
たとえば定時が過ぎても、誰も帰らない。
1時間後くらいにやっと人が帰りだす。
「残業代? これくらいなら申請しないのが慣わしだ。」

こんな状況が当たり前になっているのであれば、それは日々窃盗が行われているのと同意だ。
みんなが気付かない、あるいは口に出さないことを良いことに、麻痺しているのだろうか。

サービス残業させるのは、大いに結構だ。
ただし窃盗や万引きをしているんだというくらいの覚悟は持っていただきたい。
でもあなたたちに、万引きした学生を叱りつける権利はない
万引きをするほうは気軽な気持ちかもしれないが、されたほうはたまったもんじゃない。

代休や有給を取らせない行為やサービス残業の強要は、もはや強盗に近い

代休や有給を取らせないような行為は、もはや強盗みたいなもの。
サービス残業の強要も同じだ。

隠れて行う気すらもない。
日中堂々と、他人の所有物を奪っていく

某国民的アニメのジャ○アンみたいなものか?
お前のものは、オレのものとでも思っているのかな?

・・・会社=ジャ○アン。良くも悪くもしっくりくるなぁ(´・ω・`)
頼れる存在であると同時に、厄介な存在。

飲み会やイベントへの参加強要は、脅迫行為と同義

上司や先輩からの飲み会の誘いは、状況によって一種の脅迫行為となる。
ほんとは行きたくないというときでも、断りにくい。
勇気を出して断っても、しつこく誘われることもある。

職場の部下や後輩であるという弱みがある僕たちは、しぶしぶ参加する羽目になることも少なくないだろう。
勤務時間内の命令は業務命令だけど、勤務時間外の命令はただの脅迫だ。

上司や先輩は、部下や後輩のことを思って誘ってくれているのだろう。
でも結果的に、部下や後輩を苦しめていないだろうか。
十分に気をつけないといけないと僕は思う。

求人の際の条件を守らないのは、悪質な詐欺

最後にもう1つ。
求人のときに出す条件を守らないのは、契約不履行だ。
会社に入る、あるいはアルバイトとして働くというのは、別に会社の門下に入るわけじゃない。
ただ自分の持っている時間の一部を会社に捧げるという契約をしているだけだ。

そしてその契約の際に、互いが守るべきルールを決める。
これを守らないのは、契約不履行、約束違反だ。
元々守る気がないのであれば、悪質な詐欺以外の何者でもない。

経営状況が・・・とか、いろいろ言い訳はあるだろう。
でも約束は守らないといけない
それが社会のルールだろう。

商品を購入してくれたお客さんに「支払いなんだけど、無理だわ。ギャンブルで使っちゃった。だからごめんね。」なんていわれたら、許しますか?
ギャンブルはさすがにだめ? そうですか。

ではこんな場合はどうかな。
「息子が交通事故を起こしてしまったんだ。その慰謝料を支払ったせいで、もうすっからかんだ。だから支払いはできない。ごめんね。でも仕方がないよね。持ち家を売る? とんでもない。私に死ねと言うのかい?」
同情はするけど「はい、そうですか」とは言えないな、僕は。
自己破産とか、法的な手続きを含めて話し合いになるんじゃないの。

経営状況を言い訳にする経営者は、きっと生活に苦しいお客さんに、ものすごく優しいんだろうなぁ(´ノω・。)
え、何? 従業員を守るため?
なるほど。では苦しい状況を乗り越えたときには、後払いで全部払ってくれるのかな?
長期休暇でもくれるのかな?

まとめ

ちょっと挑発的な書き方をしてしまったかな(´・ω・`)
不快に感じた方、申し訳ありません。
でも普段から僕が感じていることを書いてみました。
モノやお金はだめなのに、時間は盗ってもいいという風潮が、僕は嫌でたまらない。
ジャ○アン(会社)に頼るよりも、自分自身が強くなったほうが、きっと幸せになれる。
節約もミニマリズムも、自分を強くするスキルになると考えている。

 

 

あなたの応援が更新へのエネルギー♪
よかったらポチっとしてね★にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

ゆとり隊長でした!


PAGE TOP