コスパ重視のパソコンの選び方(前編)~愛用してたノートパソコンがぶっ飛んだ。。

先日、パソコンが壊れた。
使用中に電源が落ち、その後、電源すら入らなくなってしまった。
中古で購入して、4年くらい使ったのかなぁ。

最近動きが重たく、ぼちぼち買い替えかなぁと思っていた矢先だった。
しょっちゅう外に持ち出していたにもかかわらず、よくがんばってくれた。
ケータイやPCのように、毎日使っているものを手放すのは、何回味わっても寂しい気持ちになる。
本当にありがとう。

後編はこちら。
コスパ重視のパソコンの選び方(後編)~愛用してたノートパソコンがぶっ飛んだ。。

新パソコンを購入する際に注目したこと

パソコンがないのは、ものすごく困る。
先週末、早速パソコンを購入しにいった。
買い替え時期が遠くないことはわかっていたので、すでにいろいろ調査を開始していたことが、せめてもの幸いだった。
慌てず、自分に必要なパソコンを選ぶことができたと思う。

せっかくなので備忘録も兼ねて、僕が注目した点について紹介していく。
ちなみに僕はパソコンに詳しいわけではないので過信はしないでね(´・ω・`)苦笑

バッテリーの持ち時間が3時間以上

僕は外でパソコンを使うことがちょくちょくある。
なので、バッテリーがそれなりに持つことは、ものすごく大切。
電池が切れたパソコンほど、邪魔なものはないからね。。

仕事後に寄り道して、ブログを書いたり、ブラウジングする程度だから、3時間くらい使えればとりあえず問題ない
でも意外と持続時間が短いPCも多かったりして、注意が必要だと感じた。

特に中古PCを購入するときは、バッテリーが劣化してることがあるから注意が必要だ。
電源が入っていれば、店員さんに聞いてコンセントをはずしてもらう。
そうすると、充電なしで、あと何時間使えるかが表示されるようになる。
100%信頼できるわけじゃないけど、ある程度参考にはなるはずだ。

大きさ12インチくらい、重さは1.5kg以下

持ち歩くのだから、大きすぎると困る。
12インチくらいがちょうどいいかな。
店舗で見ると小さく見えるけど、パソコンって意外と大きいよね。

重さも重要。
個人的には1.5kgくらいまでが限界かな。
2kgあると、ちょっと重たい。

ハードディスクの容量が100Gb以上

大容量ハードディスクには、それほど興味はなかった。
でも100Gbくらいはほしいかな。
ネットブックなんかだと、32Gbとかあるけど、ちょっとつらいなぁ。

ハードディスクの容量は、すべて使えるわけじゃない。
OSとかのデータだって、そこに含まれるらしいから。
お店の人に聞いたときは、OSによるけど、10Gbくらい?

んでもって、ハードディスクの空き容量が少なすぎると、動作が重たくなるなんてことも起こるらしい。
それらを考えると、僕にとっては100Gbくらいあると安心かな。
後は外部メモリでいいや。

無線LAN機能あり

無線LANはついてないと論外
有線も使えるとなおよい。
無線は安定しないときがあるし、家で使うときは、有線のほうが安心。

DVD、CDが読み込める

これは必須とまではいわないけど、あったほうがいいなぁ。
使用頻度は低いけど、ないと困るときがある
外部接続のものを購入するのもいいけど、どうせなら一体型のほうが楽。

SDカードが読み込める

これも必須じゃないけど、さまざまな電子機器に対応してるから、データのやり取りに便利
また今後は、データのバックアップに使おうかと考えている。

今回みたいに、電源すら入らなくなると、僕みたいな素人にはデータを取り出すのは難しい。
定期的にバックアップをすれば、ある程度は対策できるけど、毎日やるわけにはいかない。
今流行のクラウドとかを使うのもありだけど、なるべくならローカルで処理したい
そこで毎日更新するようなデータは、はじめからSDカードに入れておけば、PCが故障しても安心・・・たぶん。

後編記事の予告

ちょっと長くなったので、今回の記事はここまで。
後編では、この記事を踏まえて、価格について考察していく。
近日公開するので、ぜひ見てほしいな。

後編、公開しました!
コスパ重視のパソコンの選び方(後編)~愛用してたノートパソコンがぶっ飛んだ。。

まとめ

パソコンには、さまざまなものがある。
パソコンに限った話ではないけど、自分にとって大切な条件を把握しておくことは大切
少しでも参考になったらうれしいです。

以上、ゆとり隊長でした!


PAGE TOP