Twitter備忘録(2017年9月分/29ヶ月目)

Twitter備忘録

2017年9月のツイートまとめです。完全に自分用の備忘録なので、スルー推奨です(´・ω・`)汗

★もくじ★

2017年9月分のツイートまとめ。

ストレス耐性にも種類がある。

この2つを混合して考えてしまうと、不必要なストレスまで抱え込むことになってしまうんじゃないかな。注意しておきたいところ。

体感時間。

書店は公的に守っていくべきもの?

クリエイティブって難しい。

シンプルで信頼できる判断基準。

この教えは、とても重要なものだと思っている。自分にとって正確だと思えるものさしがあると、物事を的確に計測できる。

L字型財布。

朝型に生活へ移行。

無職からの卒業。

新しい職場。

無職生活を通して、自分リニューアル。

個人は信用できても、組織は信用できない?

経験値を蓄えながら、楽しみつつ、お金も貯めたい。

働きたくないけれど、無職をいつまでも続けるわけにはいかなかったので、とりあえず働くことにした。お金を貯めるのが大きな目的ではあるけれど、多量の時間を投じる以上、労働自体を楽しみたい。また、自分の中に経験値を蓄えていきたいと思う。

ネットカフェごっこ。

外出するのもいいけれど、こういうのんびりとした休日の過ごし方も、すごく好き。

介護業界への転職は見送り。

結局、体験だけさせてもらって、そのまま見送ることとなってしまった。再就職する前に少しだけでも仕事として経験しておけたらと思ったけれど、それは叶わず。でもいろいろ勉強できてよかった。

再び自転車が大活躍。

収入の切り札。

無職生活がまるで夢。

朝の過ごし方が劇的に変わった。

再就職というきっかけを利用して、強引に朝型の生活をはじめてみた。新しい職場という緊張感もあって、わりとうまくいっている。

無職の賃貸事情。

上司の評価が気になる?

ちっぽけな騒音問題。

不便を経験すると、当たり前が幸せ。

手洗いのメリットとコツ。

自己完結できることへの適応能力には自信あり?

ご褒美政策はいい加減やめてほしい。

タダでは起きない精神。

アンガーマネジメント的な何か。

朝は時間を大切にできる。

通勤時間。

職場の近くに住む弊害。

新しい職場へは、自転車で通勤している。すごく楽なんだけど、生活圏内に会社があるというのは、少し落ち着かない面もある。トータルすればプラスの面が強いと考えているけど、何でも長短はあるね。

理想の暮らしを続けるための条件。

さすがヒトデさんだよなと思わされる記事。

法令よりも慣例?

理解と尊重。

オレの肌を鳥にした作品No.1。

100円玉で買える○○。

バスタオルは必須じゃない。

大きな公園。

広くてきれいで、思っていた以上に素敵な場所だった。これからしばらく、季節もいいし、また行ってみたい。

再就職は逃げでもある。

再就職をして、とりあえず現状維持でも大丈夫な状態にはなり、黙っていてもお金は少しずつ溜まっていくと思う。だけど、すべての問題が解決されたわけじゃなくて、問題を先送りにしただけに過ぎない部分も多々あることは、しっかり認識しておかないとダメだと思ってる。

平日でもできることは平日にやる。

休日は、日常の一部に過ぎない。その一部に、希望のすべてをぶつけるのは酷な話だと思う。あれもこれもすべて土日でやる…なんて考えると、それはそれでプレッシャーになりかねない。心穏やかに充実した休日を過ごすためにも、平日の過ごし方は大事なのだと思う。

早寝早起き。

昼休みの過ごし方。

公私の分離。

転職も就職もギャンブル。

転職も就職もギャンブル的な要素があるけれど、だから適当でいいかというとそうではない。情報収集をするだけでも、期待値をあげることは可能だろうから、やれることはやる。ただ、ギャンブル的な要素が相当あることも認識しておかないといけない。

バイブ目覚ましで、目覚めすっきり。

迷惑をかける側にはなりたくない。

Twitterでストレス解消。

愚痴りまくりの僕だけど、温かい目で見守ってくれる人が多いので感謝です。

キーストーンハビット。

値段には意味がある。

クラウドサービス。

ニート村@台湾。

早くも退路の確保を考える。

とりあえず3年?

書店はパワースポット。

オススメのマンガたち。

我慢できるポイントは十人十色。

通勤に2時間かかるなら、僕なら迷わず引っ越してしまうなぁ。

ライスワークとライフワーク。

寝不足に対して、身体は正直だ。

働きたくないから働く。

転職に後悔はないけれど。

ブルーライトカット設定に慣れた。

「寝たら今日が終わる」から「起きたら明日がはじまる」へ。

寝付きが驚くほどよくなり、寝れずにスマホをいじるということがほとんどなくなった。結果、朝起きるのもすごく楽になった。無職のうちはよかったけど、週5で働くとなると、朝気持ちよく起きれるかどうかは重要なポイント。今のところ良い感じなので、このまま完全に習慣にしてしまいたい。

わかりやすいトップページの作り方。

不便の弊害。

偶然が持つ魅力。

ブログがきっかけで転職?

睡眠と上手に付き合う。

理想は、眠くなったら寝て、目が覚めたら起きること。大学生や無職のときはできたけど、会社員は制約が大きい。自分との対話をしっかりして、適度な距離感で睡眠と付き合っていくのがいいのかなと思う。

終わりに。

ついに無職ではなくなってしまった。無職とのギャップで相当きついかと思ったけど、周囲の人や労働環境に恵まれ、また朝の過ごし方を改善できたおかげで、思ったよりは精神的に余裕のある状態でここまでは来れている。

とりあえず、しばらくは小細工を使って自分をごまかしつつ、この調子で楽しく働くことができたらと思っている。一方で、週5労働がそもそもきついという考え方は変わらないので、働いてお金を蓄えつつ、引き続きいろいろと模索していこうと思う。


PAGE TOP