僕は昔、フリーランスだった。

img_565c550017bee

何年も前の話。僕は昔、フリーランスをしていた。自分で報酬を設定し、自分でお客さんを探し、働いていた。今日はそんなお話だよ(`・ω・´)!

…さて、早々と謝っておきます。ちょっと釣り気味のタイトルでした…。期待を95%ほど放り投げてから、続きをお読みください(汗)

ふっと個人事業やフリーランスについて考えた。

サービス残業なんてとんでもなくて、そもそも週5で働くのがつらい。そんな僕のようなズボラー人間は、独立やフリーランスといった生き方を検討した経験がある人が多いと思う。だけどハードルは高いよね。組織に留まるのがもったいない優秀な人たちの働き方…それが独立やフリーランス。そんなイメージ。

でもふっと思った。そもそも個人事業やフリーランスといった単語は、あくまで働き方を表すものだよね。優秀だからフリーランスというわけじゃなくて、フリーランスだからフリーランスなのだ。ちょっと意味わからないけど(´・ω・`)

僕は「フリーランス」家庭教師だった。

家庭教師はすべて個人契約。

学生時代、僕は塾講師をやりつつ家庭教師もしていた。塾講師のほうは、アルバイトとして雇われていた。家庭教師はというと、組織にはどこにも属さず、すべて個人契約という形を取っていた。

自分で時給や交通費について自分で定めた。自分がどんな人間なのか、どの学年、なんの科目を教えられるかといったPR文も自分で作成し、契約を取る必要があった。

失敗もあった。

一度、大きな失敗もした。僕は小学校から大学まで、すべて国公立の学校に通った。だから中学受験なんて経験したこともなかったんだけど、あろうことか中学受験の指導もできることにしてしまった。所詮は小学生レベル。理系科目くらいはいけるだろう…そんな安易な気持ちで。

中学受験って、結構特殊な世界なんだよね。なめてかかるとヤバイ。微分積分、力学、酸化還元反応、関係代名詞…何でも来いや!くらいの気持ちだったのに「トンボの幼虫はどれでしょう?」がわからない(´・ω・`)

結果的に、その契約は短期間で打ち切ることとなった。双方同意の上での解約。完全に僕の指導力不足だった。報酬や契約に見合った仕事ができなければ、不信感を持たれて当然だ。穏便に済ませてもらえたが、今でも申し訳なかったと思っている。

フリーランス家庭教師。

当時は…というより、つい先日までこんなことを思ったことがなかったんだけど、よく考えてみると、僕はフリーランス家庭教師だった

僕は生徒をネット掲示板などを利用して募集していた。だけど同じことをしている先生がたくさんいて、学歴や経歴で単純に比べられたら太刀打ちできない人たちも、僕と同じような単価で生徒を募集していた。そこで「僕は勉強が大嫌いでした。大嫌いだったからこそ知っている勉強のコツを教えます!」みたいな売り文句で勝負をしていた記憶がある。今思えば、ちょっとした自己ブランディングだよね…たぶん(笑)

やりがいと責任の重み。

前述したとおり失敗も経験した。自分の仕事には責任を持たなければならない。また直接お客さんから報酬を受け取るから、そのお金がなかなかに生々しい。生きたお金を受け取った気分になったものだ。責任を感じる一方で、自由度は大きく、やりがいは非常に大きかった。

あるとき、元生徒の保護者から「今度は妹を教えてもらえないだろうか」という連絡を受けた。既に家庭教師をしていた頃から何年も経過していたのに、ダメもとで連絡をくれたらしい。保護者が予測していたとおり、僕は既に大学を卒業して社会人になっていたためお断りすることになってしまった。でもとてもうれしかった。こういった経験は、個人契約だからできるものかもしれない。

フリーランスなんてそんなもの。

別に僕は、フリーランスになろうと思っているわけじゃないし、フリーランスにならないと決めているわけでもない。フリーランスをバカにするつもりもなければ、フリーランスを過剰に褒め称えるつもりもない。フリーランスはフリーランスであり、それ以上でもそれ以下でもない

とはいえ独立やフリーランスといった言葉は、自分から少し離れた場所に位置するものだった。それが自分の過去を振り返って、フリーランスという働き方が少しだけ身近に感じられた。時間割びっしりの理系大学生だって、フリーランスの真似事くらいはできるのだ。フリーランスなんてそんなものだよね。

まとめ。

お金を払う人と受け取る人が対等の立場に置かれ、上司や部下もなく、当事者の話し合いですべてが決まる。そんな働き方を僕は過去に経験していたことに気づき、今さらながら少し驚いてしまった。

フリーランスと聞くと、とんでもなくすごいスキルや経験がないとできないことだと思ってしまいがちだけど、ハードルは意外と低い。それだけで食っていけるかは別だけど、収入を分散するという意味でも、積極的に取り入れるべきかもしれないね。

以上、ゆとり隊長でした(๑•̀ㅂ•́)و✧

 


PAGE TOP