僕が「貯金に頼り切るリタイア」はリスキーだと考える理由

僕は今のところ、貯金に100%頼り切るようなリタイアをする予定はない
リタイア後も、何かしらの形で、小額でも稼ぎつつ生活しようと思う。

貯金に頼り切るのは、非常に難易度が高く、リスクも大きいと考えている。
この記事では、僕がそう考える理由について説明していく。

Twitterもやってるよ~。フォローしてね(`・ω・´)♪

貯金に依存しすぎると・・・

リタイアへのハードルが上がる

完全に貯金に頼ろうと思うと、リタイアに必要な金額はかなりのものになる。
年100万円で生活すると仮定しても、30~40歳くらいの人なら、3,000~4,000万円程度は必要になるだろう。
この額を貯めるのは、そう容易ではない

また上記の金額を貯金できたとしても、本当にその額で足りるか、判断は難しいだろう。
途中で足りないと気付いても遅いからだ。
そうこうしている間に、年を重ねてしまう。

不測の事態への対応が難しい

リタイア後に、物価がぐんぐん上昇したらどうする?
法令が変わって、年金の免除が利かなくなったら?
資産(貯金)に税金がかかるような制度ができたら?

世の中は、時間の経過とともに変わっていく。
どういうことが起こるかわからない。
仮に上記のうちの1つだけでも発生したら、貯金のみで生活している人には大打撃になるだろう。

不測の事態への対応の難しさは、極めて大きいリスクだと僕は考えている。

半リタイア(セミリタイア)のメリット

まず前述の貯金に頼る生活のデメリットの逆が、そのままメリットになる。
またそれ以外でも、魅力的なメリットがもりだくさんだ(`・ω・´)

リタイアへのハードルが下がる

月に数万円だけでも稼げれば、それだけ必要な貯金額は下がる
数十年スパンで考えれば、それは大きな額になる。

不測の事態に対応しやすい

多少何か不都合が発生しても、修正が利きやすい。
リタイア生活の経過に合わせて、稼ぐ額を増減させることができるからだ。
また物価の上昇があった場合、それに合わせて収入が増加する可能性も十分にある。

万一リタイア生活に失敗しても、再起しやすい

前述のとおり、リタイアのハードルが下がるということは、より若くしてリタイアができるということ。
もしリタイア後に、サラリーマン生活に戻りたいと考えたとき、少しでも若い方が復帰しやすい

またリタイア後も「稼ぐ」という行為をしているということは、何かしらの技術が身に付く可能性が高い。
それを武器にすれば、何もないよりはずっと就職活動もしやすいだろう。
武器が強力であれば、それを用いて本格的に商売をはじめることができるかもしれない。

社会との接点を持ち、適度な刺激を受けることができる

リタイア後の生活をマンネリ化させないための手段としても、役に立つ。
稼ぐといっても、方法はたくさんある。
コンビニでアルバイトもいいだろうし、ネットショップを立ち上げるのもおもしろいかもしれない。

どんな方法であれ、少なからず社会との接点になる。
また同時に、適度な刺激を受けられるはずだ。
ストレスだって、過度でなければ良い刺激だ。

社会貢献ができ、また評価を得られる

お金を稼ぐということは、社会に貢献し、評価されることに等しい。
マズローの欲求段階説(自己実現理論)という言葉を知っている人は多いと思う。

人間の基本的欲求を低次から述べると、以下の通りである。
生理的欲求(Physiological needs)
安全の欲求(Safety needs)
所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)
承認(尊重)の欲求(Esteem)
自己実現の欲求(Self-actualization)
自己実現理論-Wikipediaより)

これらの欲求を満たすのに、社会貢献をし、また評価を得ることは非常に役立つ。
もちろんボランティアなどでも、社会貢献はできる。
しかし場合によっては、自己満足で終結してしまうこともある。
お金が絡むと、自己満足だけではなかなか終われない
これはデメリットでもあるが、それ以上に大きなメリットだと考えている。

まとめ

リタイアへのハードルを下げ、また様々なリスクに備えるためにも、リタイア後も稼ぐという行為は続けたほうがいいと考えている。
またそれによって、生活もより輝いてくるのではないかと思う。
多額の貯金がないとリタイアできないと思い込むのはもったいない
ただし稼ぐ額を大きく見積もりすぎるのは危険なので注意が必要。
時間をかけて、様々なパターンでシミュレーションしてみるとよい。

Twitterもやってるよ~。フォローしてね(`・ω・´)♪

あなたの応援が更新へのエネルギー♪
よかったらポチっとしてね★にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

ゆとり隊長でした!


PAGE TOP