精神的に追い込まれることを未然防止し、不要な悩みや迷いを解消する5つの思考フィルター。

img_57a8b2175cc28

どんな生き方をしていても、悩み事は尽きないもの。悩むことは成長する上で必要なことだけど、あまりに深く悩んじゃうと疲れちゃうよね。そこで不要な悩みをフィルタリングする方法を紹介するよ。

僕は比較的温厚で前向きだという評価を受けることが多いけど、根っこのほうは相当ネガティブで気が短いタイプ。その上、かの有名なストレングスファインダーで「内省」が挙がるくらい自分との対話が好きなもんだから、悩みだすと止まらない。

今回紹介する方法は、そんな僕が何かを決断するときに日々用いている方法だ。ピンと来るものがあったら、ぜひ取り入れてみてほしい。

逃げ道を考える。

一番に主張したいのが「逃げ道を考える」というもの。精神的に追い込まれる原因の多くは、選択肢が固定され、失敗が許されないという状況だ。

背水の陣でがんばるのはかっこいいけれど、精神力に相当自信がある人以外にはオススメしない。逃げないといけないときに、逃げそびれてしまう。ならばどうするか。逆に、はじめから失敗したときにどうするかを考えておけばいい。逃げ道さえあれば、辛いことでも気楽に取り組むことができる

取捨選択する。

取捨選択する。基本的には優先順位を決めて、より大切なものに全力を投じるというイメージだ。だけど「足るを知る」とか「諦める」といった意味も含んでいる。なんでもかんでも手に入れようとしてはいけない。何かを手に入れたければ、何かを手放さければならない。それが万事に通ずる摂理だ。なぜなら時間は有限なのだから。

いま自分にもっとも大事なものは何か。それをしっかり考える。そしてそれを手に入れるためなら、何かを犠牲にする覚悟を持つ。犠牲にしたものは、後ほど余裕があれば回収すればいい。

価値を見いだす。

先日、下記のようなツイートをした。

ちょっとわかりにくいかもしれないけど、これも1つの良い例かと思う。生きていれば、嫌なことも辛いことも、いろいろあるよね。だけどちょっと思考をずらせば、前向きに受け入れることができることも多い。シンプルにいえば、ただでは転ばないというスタイル。嫌なことからも何かを学べる。どうしても価値が見いだせなければ、精神修行だと思ってしまえばいい。以前に『逆転の発想を生む「3つの教え」と「リフレーミング」。』という記事で書いた内容にも通ずるものがある。

常識にとらわれない100の講義 (だいわ文庫)

リセットする。

人は気付けば色眼鏡で物事を見てしまう。色眼鏡の正体は、個人の価値観や世間の常識だ。この色眼鏡は、普段はとても便利に働く。無数に存在する余計な選択肢をシャットアウトしてくれるからだ。だけどその色眼鏡によって思い込みが生じ、見えるべきものが見えなくなることがある。

だから何かにつまずいたり、怒りを感じたりしたときは、意識して思考をリセットしてみる。特に常識や世論は疑うべきだ。常識や世論は必ずしも自分にフィットするとは限らない。同様に、自分の価値観が周囲の人すべてに受け入れられるわけじゃない。

以前に話題になったゼロベース思考と共通点が多い考え方だと思う。読んだことないから想像で言ってるけど(苦笑)

0ベース思考—どんな難問もシンプルに解決できる

自分に素直になる。

最後はこれ。自分に素直になること。結局のところ、自分が納得していないと物事はうまく進まない。当然だ。迷いがあったらやる気が出ないもんね。そしてどうしようもなくなると「後悔」という強烈な負の感情が生まれてしまう。

自分の声を聴くことは、何よりも大事だ。そしてあらゆる手段を使って、自分自身の期待に応える。非常にシンプルな方程式になる。

まとめ。

ということで、5つ紹介してみた。僕にとっては、どれも欠かせない大事な思考フィルター。ありとあらゆる事柄に対して、この5つのフィルターを複合的に使っている。「なるほど!」と思うものがあったら、ぜひ実行してみてほしいな。なかなか強力だと思うよ(`・ω・´)ドヤァ

以上、ゆとり隊長でした(๑•̀ㅂ•́)و✧

 


PAGE TOP