スマホにはないガラケーの安心感。

img_56f7ee8e78e42

最近、ガラケーを全然見なくなったよね。おじいちゃん、おばあちゃんも指でヒュッヒュってやってるもん。ガラケー、まじで絶滅しちゃいそうで怖い。

僕はいまもガラケー所持していて、彼は毎日現役でがんばってくれている。うちには固定電話がない。だから外部との連絡は、このガラケーが担ってくれている。

スマホが便利なのは認める。

でもじつは、ガラケーとは別に格安SIMを契約していて、一応スマホも持っている。格安SIMを使うに至った経緯などは「格安SIM利用歴3年超…格安SIM導入時の背景と、決め手となったメリット。」や「格安SIM利用歴3年超の僕が、みんなの疑問にズバリ答えるよ!」に詳しく書いているので、よかったらみてね(๑•̀ㅂ•́)و✧

…ということで僕はスマホも使っているので、スマホの便利さは知っている。便利だよねぇ、スマホ。なんでもできちゃうもん。もう今さらスマホなしの生活には戻れないよ。

それでも僕はガラケーを持つ。

2台持ちだから、ちょっとかさばる。だけど今のところスマホ1台に集約する予定はない。ガラケーを持つメリットが大きいと感じているからだ。

ガラケーは電池切れの心配がない。

携帯電話は何のためにあるのか。一番重要なのは連絡手段としての役割だろう。少なくともサラリーマンとして生活しているうちは。したがって一番避けなければならないのは電池切れだ。その点、ガラケーは最強だ。数日に1度一度充電すれば十分。安心感がハンパない。

スマホはアプリの選択や設定を間違えると、必要以上に電池を消耗することがある。そうじゃなくても、ガラケーに比べて電池の消耗は早い。少なくとも僕は、スマホは毎日充電している。

ガラケーは安定している。

僕が安物を使ってるからだと思うんだけど、スマホって動きが重くなったりしない? アプリが急に落ちちゃうこともある。ガラケーは基本的にそんなことは起こらない。どんなときでも安定した動きを見せてくれる。

ガラケーは操作性がいい。

メールや電話をするとき、操作性はスマホよりガラケーのほうがいい。椅子にでも座って落ち着いて操作をするのなら、スマホでもいい。メールに限っていえば、フリック入力があるスマホのほうが早く入力できる。

でも実際は移動の合間など、不安定な状況で使うことが少なくないし、急いで操作する必要があることだってある。そういうとき、昔ながらのボタン操作はじつにありがたい。

最近歩きスマホが問題になってるよね。でもガラケーはその問題も緩和できる。ガラケーだとタッチタイピング(ブラインドタッチ)に近いことができるからね。さっとメモを取りたいときとか、地味に便利。

ガラケーよ、永遠に。

絶滅危惧種になりつつあるけど、ガラケーをこよなく愛する人も少なからずいる。なんとかこのまま生き延びてほしい。

以上、ゆとり隊長でした(๑•̀ㅂ•́)و✧

 


PAGE TOP