めんどくさがり屋の僕が、自炊らしきことをはじめた、たった1つのきっかけ

時間がたっぷりあり、お金はないという学生時代ですら、僕は自炊をほとんどしなかった
理由はたった一つ。
めんどくさい(´・ω・`)

「めんどくさい」は強力

めんどくさいという感情は、非常に強力だ。
自炊すれば、食費が安くなるとわかっていても、なかなかやる気にならない。

・・・学生のときは自炊するくらいなら、その分バイトでもしたらいいんじゃね?なんて思ってた。
社会人になったらなったで、お金より時間のほうが大切になり、余計自炊から遠ざかってしまった。

だけど、理想のライフスタイルを手に入れるため、節約を意識するようになり、食費が気になりだした。
とはいえ「めんどくさい」が強敵であることに変わりはなかった。

洗い物が増えるとめんどくさくなる

学生時代によく聞いていたのは「とりあえずご飯だけでも自分で炊くべき」という話。
おかずはスーパーで買うとしても、ご飯を自分で炊くだけで、食費は随分と落ちるらしい。

しかしご飯を炊くのすら、めんどくさかった
炊飯器を使うと洗い物が増えるという時点で、もうめんどくさい。。

電子レンジでご飯を炊くという発想

そこで思い付いたのが、電子レンジでご飯が炊けないかということ。
これが大成功だった(`・ω・´)

試行錯誤はあったが、今はおいしくご飯が炊ける。
軽くお米を洗って、しばらく水につけておいて、その後電子レンジでチン。
これだけ(`・ω・´)♪

洗い物だって、最低限で済んじゃうんだぜ?

牛丼屋さんにいくより、家で食べたほうが楽

僕は学生時代、牛丼屋さんのヘビーユーザーだった。
安いし、早いし、おいしいもんね。
外食を減らす上で、立ちはだかったのは、やはり牛丼屋さんだった。

しかし電子レンジでご飯を炊けるようになり、牛丼屋さんに寄るより、家で食べたほうが楽に感じるようにすらなってきた。
レンジでご飯を炊いて、レトルトのカレーでもかければ、とりあえず満腹だ。

電子レンジ調理のレシピが増えるともっと楽に

電子レンジの一番優れているところは、チンする時間を適切にしてさえいれば、放置できるという点
ガスコンロなどを使っていたら、目を離すわけにはいかない。

少し調べてみると、電子レンジでできるレシピは山ほどあることがわかった。
インターネット万歳(´∀`)♪

まとめ

正直今でも、自炊をしていると胸を張れるほどのことはしていない
だけど、一昔前と比較すると、家で食事をすることが劇的に増えた。
食費も自然と半分くらいまで落ちた。
そのきっかけは、レンジでご飯を炊くという馬鹿げた発想だった(´・ω・`)

電子レンジ調理は、めんどくさ屋にとっては、すさまじく便利。
どうしても自炊をする気になれない方は、一度挑戦してみてほしい。

 

以上、ゆとり隊長でした~。


PAGE TOP