お医者さんから聞いた「専門家から本音を聞き出す」一番簡単な方法。

人から本音を聞き出すのって難しいよね。通常であれば、距離感が近づくと本音を聞き出しやすくなる。しかしそうもいかないときってあるよね。たとえばお医者さんや歯医者さんだ。選択肢が複数あって、どれも一長一短のとき、彼らはなかなか断定的なことは言ってくれない。そんなとき本音を聞きだす方法の1つとして、お医者さんから聞いた話がおもしろかったので、記事にしておくよ。

前提条件

前提として、何か問題あるいは願望を抱えていて、選択肢が複数存在している状況をイメージしている。たとえば「歯医者さんから親知らずを抜くかどうかの判断を迫られている。先生はどちらでも構わないといっているが、自分ではよくわからない」とか「パソコンを購入したいんだけど、製品Aと製品Bのどちらがいいか悩んでいる」といったシチュエーションをイメージしてほしい。

 

なぜ専門家は本音を出さないのか

本音を聞き出す方法の前に、知識豊富なはずの専門家やプロが本音を出してくれないか…というところを考えていこう。

専門家だって責任は取れない

相手の立場になって考えれば、答えは簡単だよね。結局のところ、責任を取ることができないからだ。前述のどちらのパソコンを買うかくらいの話なら大したことはないかもしれないけれど、医療関係の話となると、たとえ専門家やプロだって慎重に言葉を選ぶ。

手術を受けなければ命が危ないとなれば、医者だって手術を強く勧めるだろう。だけど危険な手術だったり、あるいは症状の原因が完全には特定できておらず、必ずしも効果が約束できないような状態だと、断定的な表現はしづらくなることが容易に予想できる。そういう場合、明確な正解はない。どちらも一長一短であって、最終的な判断は、医者ではなく本人が下すことになるだろう。

しかし僕たちは、あくまで素人だ。どうすればよいかわからないし、目の前にいる「先生」こそが、その場で一番頼れる人であることが多いだろう。そんな先生から「あなたの考え方次第です」「ご自身でご判断ください」なんていわれると、なんて無責任な!って思ったりもしちゃうよね。だけど仕方がないことだ。専門家だって、結果の責任を取ることはできないのだから。

僕は幸い、重たい判断を強いられたことはないが、それでも過去に何回か、医者や歯医者さんに選択を迫られて悩んだ経験がある。なんとか本音を聞き出せないものか。

 

それでも専門家から本音を聞きたい。

ということでここからが本題。先日、お医者さんと話す機会があって、雑談の中で思いをぶつけてみた。

伝えたこと

その人から意見をもらうにあたり、次の2点は理解しているということを伝えた。

1つ目は、前述のとおり専門家だって責任は取れないこと。2つ目は、同じ事例であっても専門家すべてが同じ答え(本音)を持つわけではなく、最終的には自分で判断しないといけないこと。

得られた回答

どうやらその人は、わりと自分の考え方を前面に出す人のようだったが、本音を出さない人のことも理解できるとのこと。

「医療は正解が1つじゃないから、こちら側から答えを押し付けるわけにはいかない面も大きいんだ。だから仮に『どの選択肢がベストなんでしょうか?』と聞いたとしても、言葉を濁す人は少なくないだろう。」

そして彼はこう続けた。

「そんなときは『もし自分の立場ならどうしますか?』と聞いてみたらおもしろいと思うよ。もし年齢があわないとか、情報が不足しているとかなら『あなたの弟さんから聞かれたらどうしますか?』『あなたの息子さんが同じ状況だったら、なんと助言しますか?』と聞いてみたらどうかな。」

 

専門家から本音を聞きだすには、逃げ道を用意すること

お医者さんから聞いた上記の話は、非常にシンプルだけど、とても興味深かった。選択肢の良し悪しを判断しろと言っても、やはり責任が取れないから言葉を濁すだろう。僕が同じ立場でも、同じことをすると思う。だけど「ご自身なら…」「あなたの息子さんだったら…」と仮定の話に落とすことで、本音を話すハードルが大きく落ちるんじゃないかなぁと感じた。

たとえば僕はFXが趣味の1つなんだけど、もし「長期投資と短期投資のどちらが儲かりますか?」とか「ドル円は売りですか? 買いですか?」って聞かれたとしても、明確な回答はできない。僕が専門家じゃないからということもあるけれど、それだけの問題じゃない。だけど「なんであなたは長期投資ではなく、短期投資をしているのですか?」とか「もしあなたが今、ドル円をトレードするなら、どっちのポジションを持ちますか?」という質問なら、ある程度答えることができそうな気がする。

つまりそういうことなんじゃないかな。

 

まとめ

今回紹介した方法は、いろんな場面で応用の利くものだと思う。質問のしかたを少し変えるだけで、答える側の印象はずいぶんと変わるよね。ストレートに質問することで必要な情報が得られるときはそれでいいけれど、ときにはちょっとした変化球を入れるといいのかも(`・ω・´)?

本音を引き出す技術

以上、ゆとり隊長でした!

 


PAGE TOP