バレンタインデーとホワイトデーを亡き者にしたい。

そういえば、もうすぐホワイトデーだねぇ。もうね。バレンタインデーとか、ホワイトデーとか、めんどくさい。なくなってくれないかな(`・ω・´)? そういう愚痴を今から書くよ。「そういうのいいから(怒)」という人は、スルーしてね!

 

あのね。バレンタインデーか、ホワイトデーとか、カップル同士でやるのはいいと思うよ。ほほえましいよ。そういうイベントは、あってもいいんじゃないかな。

だけどね。それを仕事に持ち込むのはマジで勘弁してほしい。

 

うちの職場ではね。バレンタインデーには、女性陣みんなでお金を出し合って、男性陣全員に毎年チョコレートをくれるんだ。そしてホワイトデーには、男性陣みんながお金を出し合って、女性陣にお返しをする。

 

男女ともに、若手社員が品を選びにいくんだけど、予算は完全に固定だからね。決まった予算で必死に考えるんだ。やらされるほうはちょっとめんどくさい。センスも問われるけど、あくまで戯れだからね。ときに遊び心を交えながら、若手が独断で選ぶんだ。

これはすごく賢い方法だと思うんだよ。いつからやっているか知らないけれど、先人たちの知恵が詰まった行動だよね。こうやってみんなで形式的にやっておけば、お互いに変な気を使わずに済むでしょ(´・ω・`)?

チョイスがおかしくても、それは若手が選んだものだからご愛嬌!ということで、笑って終わる。まぁちょっとした季節イベントとして楽しんでもらえるのなら、悪くない。

 

ここまではいいんだよ。僕が許せないというか理解に苦しむのが、こういう状況にあるにも関わらず、個人的に何かを用意してくる人。

あのさ。言ってちゃっていいかな。思い切って言っちゃっていいかな。

…空気読めないのかな(´・ω・`)?

 

もっと言っていいかな。

…お前、馬鹿なのか(´・ω・`)?

 

何のために、若手が一役買ってると思ってるんだよ。もらったほうは対応に困るんだよ。

せめてね。誰がどうみてもお金がかかっていて、お返しが絶対に必要なものをきちっとくれるなら、まだわかりやすくていいよ。お返しが必要だよね。うん、わかってる。百貨店のぞいてくるよ(´・ω・`)汗

 

だけどさ。原価30円くらいじゃね?くらいの手作りのものをちょこっとくれたり、チロルチョコみたいなのを数個、あえて微妙に個装して渡してきたりするの、なんなの?

ちょくちょくそういう人たちがいるんだ。それを職場全員に配ったり、あるいは特定のグループ内全員に配ったりする。お返しがほしくてやってるわけじゃないと思うんだ。そんな性格の悪い人たちだとは思っていない。きっと、気持ちだけ…みたいな感じなんだと思う。

…なんていう都合の良い解釈をして、過去に何回か、僕は無視してきた。全員が全員、お返しをしているわけではないからね。僕もそちら側にいる人間だと、早々とアピールした。

 

今年は、さらにややこしいことをする人があらわれた。

全員に配るとかじゃなくて、こそっと渡してきたんだよ。カントリーマームのような市販クッキー数枚を、小さく個装して、バレンタインデーっぽく、ちょこっとだけ装飾したものを。

そして彼女は言った。

「3倍返し、期待してるよ(笑)」と。

その場で、「え、めんどくさい。僕は平気で無視する男だよ(笑)」といっておいたんだけど、さてどうするか。

今回は面と向かってお返しをよこせと言われたしなぁ。うーん…うまい棒を30本くらい買ってきたらいいかな?

全部納豆味で(`・ω・´)!!

それとも、15種類、合計450本のうまい棒をプレゼントしてやろうか(`・ω・´)?

だけどさ。1つ問題なのは、こそっと渡してきたせいで、誰に渡しているかが、僕からはまったくわからないことなんだよ。堂々と「これ、バレンタインデーのお返しね!」って言って、うまい棒を放り投げていいのか。全員に配ってるとわかっていれば気にしないでいいんだけど、今回については「え、俺もらってないんだけど(怒)」なんて思うやつがいないとも限らないし。いないとは思うけど。

それと何より、彼女の後輩たちに、「え、バレンタインって、個人でも用意しないといけないの?」って思わせたくないんだよ。違うよ。君たちが正解なんだ。女性陣全員で、男性陣にチョコレートを渡しているんだから、別に用意する必要はないんだ。むしろしてはいけないんだ。

こういうときこそ、協調性が大事なんだよ!!

 

では隠れてこそっと渡すか? でも、こそこそとうまい棒納豆味を渡すのもおかしいでしょ。下手したら、僕だけが変人扱いされかねない。何こいつ…みたいな。

じゃあ真面目なお返しを用意する? おフランスな感じのオシャレなお菓子でも買ってきちゃう?

…いや、めんどくさい。それはめんどくさい。しかも重い。クッキー数枚あげるだけでも、きちっとお返しをしてくれるなんて思われたくない。ここまで築き上げてきた気がしている、「適当な人間」というキャラクターが壊れかねない

 

話が変わるけど、たまに「3時のおやつにどうぞ」といって、ちょっとしたお菓子を配ってくれるおばちゃ…お姉さまがいる。僕は甘いものがすごく好きだし、こういうちょっとした気遣いは素直にうれしいので、満面の笑みで受け取る。でもいちいちお返しをしてるわけじゃない。極稀に旅行先のお土産をちょこっと渡したり、マイブームのお菓子があるときは、少しおすそ分けをしたりする程度。どう考えてももらっている量のほうが多いけれど、相手もそんなのを求めてるわけじゃないだろう…たぶん。

以前に「結婚式の祝儀、誕生日には贈り物、時折お返し。重たい人付き合いは、僕にはいらないかな。」という記事でも書いたけれど、お返し前提の贈り物は絶対におかしい。おかしいを通り越して、もう一種の恐喝じゃないのって思ってしまう。お互い、無償の好意であるべきじゃなかろうか。

バレンタインデーだからって、無理やりお返しをしなきゃってのは、やはりおかしな話だよなぁ。うん、おかしい。とりあえずスルーしておいて、何か良い機会があったら、お菓子の差し入れでもするかねぇ。

ってか、めんどくさくなっちゃった(`・ω・´)笑

カントリーマーム数枚をめぐって、何ごちゃごちゃ考えてるんだ、僕は。もし当日「ゆとり隊長、お返しは?」なんていってきたら、そのときに考えるかねぇ(苦笑)

 

以上、ゆとり隊長でした(`・ω・´)!

Twitterもやってるよ~。



あなたの応援が更新へのエネルギー♪ よかったらポチっとしてね★

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 


PAGE TOP