購入お早めに!格安SIMならぬゼロ円SIM!!デジモノステーションが神すぎる。

ねぇ、知ってる? すっごいSIMがあるんだよ。格安SIM? ふぅ。きみはいったい、いつの時代の話をしているんだい? 月額無料で運用できるSIMが出たんだよ。節約主義の紳士淑女のみなさんは、是が非でも手に入れておくべき品だと僕は思う。ということで、今日はそんなお話だよ(`・ω・´)!

いろいろ調べて、できる限りリスクも含めて書いているつもりだけど…念のためお約束を書いておく。すべて自己責任でお願いね! では本題へ。(以下、注釈がある場合を除き、図は公式HPより引用)

ゼロ円SIMの正体はコレだ!!

先日発売の雑誌「デジモノステーション」にso-netのSIMが付属。

数日前から、何かと話題に上がっていた『デジモノステーション』という雑誌。先日発売された、この雑誌の2016年2月号に、付録として、so-netのSIMが付属する。この雑誌では、過去にもSIMが付属していたことがあるようだけど、今回は特別にすごい。

月々499Mbまでなら無料で使える!

何がすごいって、月々499Mbまでなら、無料で使えるという点。無料で使えるSIMなんて、少なくとも僕の知る範囲では、今までなかった。

基本料ゼロ円のSIMは他にもあったと思う。ただしまったく使わない場合がゼロ円というだけ。少しでも使ったら料金が生じる。でも今回のデジモノステーション付属のSIMは、ちょっと使ったくらいなら、余裕のゼロ円。1,000円の格安SIMでもすごすぎると思ってるのに、これは衝撃的。

初期手数料も無料!

通常、SIMの利用には、数千円程度の初期手数料がかかる。これも無料。なんて太っ腹な企画!

499Mbをどう使うか。

499Mbという通信量がどれくらいなのか。詳しくは僕が以前に書いた『格安SIM利用歴3年超の僕が、みんなの疑問にズバリ答えるよ!』を参考にしてほしいんだけど、そこそこ使える。

Yahooのトップページ(スマホ版)を1,600回開くと、だいたい500Mb程度になるようだ。ライトユーザーであれば、これだけで困らないかもしれない。あるいは僕のように、普段はポケットWifiで運用しているような人であれば、補助としては十分な容量と言えるはずだ。緊急用のSIMとして、持っておくという使い方もできる。

 

ゼロ円SIMの注意点と対策。

何でもおいしい話というものはない。いくつか注意しておくべき点を説明する。なお、対策については後述する。

クレジットカードが必要。

ゼロ円SIMを使うには、クレジットカードによる契約が必要。後述するとおり、500MB以上は有料になるので、通信量がオーバーした場合は、クレジットカードより料金が引き落とされることになる。

500Mb以上は有料(最大1ヶ月1,600円)。アプリで対策を!

上の図をみてほしい。無料なのはあくまで499MBまで。それ以降、2GBまでは料金が一定額ずつ加算され、2GBを超えると、1,600円の定額になる。

つまりうっかり使いすぎると、ゼロ円SIMでも何でもなくなる。でも万一の場合も、最悪1,600円だと思えば、そこまで怖いものでもないよね。

また通信量を監視する無料アプリもある。少し前の記事なので、うまく見つけらないアプリもあったけど、教えてgooの便利アプリ情報が非常に参考になった。『My Data Manager(下図はgoogle playより引用)』あたりを入れておけば、とりあえず安心かなぁと思っている。他にも類似アプリが多くあるようなので、自分にあったアプリを探せばOK。

付属のSIMはnanoSIM。必要に応じてアダプターを用意!

SIMと一言で言っても、いくつかのサイズがある。外部メモリのSDカードにも、ただのSDカード、miniSD、microSDとサイズがいくつかあるよね。あれと同様。

しかしこれも大した問題ではない。数百円でアダプターが購入できる。

開通期限は2015年12月25日~2016年2月24日。

SIMカードの利用前に、開通の作業を行う必要がある。とはいえ、慣れてる人なら数分で完了する、非常に簡単な作業。しかし気をつけたいのが、このSIMには期限があること。カード本体に「有効期限:20160131」と記載があるけれど、2016年2月24日まで大丈夫とのこと(公式情報)。

購入した方は、開通期限までに手続きをしよう。絶対に忘れちゃだめだよ。せっかく手に入れても、使えなくなっちゃうからね(´・ω・`)

3ヶ月間連続でデータ通信の利用がない場合は自動解約。

3ヶ月連続でデータ通信がない場合、自動解約されてしまう。普段は使わず、緊急用として使う予定の人は、特に注意してほしい。3ヶ月に最低1度は必ず使うようにしよう。前述のとおり、開通期限を過ぎたら今回のようなゼロ円SIMは、もう手に入らないかもしれない。大事に維持しないとね。

利用は一人1枚まで。

この記事を読んで、「このSIMを複数枚手に入れれば、通信料を無料にできるじゃん?」…こう思った人は少なくないはず。でも利用は一人1枚までという注意書きがある。

ただ書いてあるだけで、実際はスルーかもしれない。あるいはクレジットカード番号で区別しているだけで、異なるカードで契約すればOKなのかもしれない。ただし注意書きがある以上、強制解約などの可能性がある。前述したとおり、開通期限を過ぎてしまえば、新しく契約することはできない。おとなしく従っておいたほうが無難だろう。

永久無料らしいけど、過度な期待は禁物?

上図の「魅力1」によると、毎月500MB未満であれば、何ヶ月でも無料らしい。ただ過度な期待はしないほうがいいのかもしれない。1年先はともかく、5年、10年と使える保障はどこにもないからね(´・ω・`)

 

定価の3倍出しても買う価値はある。

在庫切れ続出。

この雑誌は数日前から発売されていた。…そう、既に在庫切れが続出している。僕はこのSIMを侮っていた。僕がこのSIMを知ったのはクリスマス。そして品薄になっているという情報もつかんでいた。しかし甘くみていた。

書店、コンビニ、Amazonも全滅。

僕はなめていた。発売されてたったの数日。いくつかの書店をみてまわれば買えるだろうと。しかし現実は違った。Amazonをはじめとするネット書店は、とっくに在庫切れ。昨日と今日で、書店を5~6店舗まわってもダメ。最寄のコンビニを総当りしてもダメ。

定価の3倍近く出して購入。

諦めた僕は、お金にモノを言わせることにした。Amazonにて、送料込みで定価の3倍近い金額を出して購入することにした。悔しい。じつに悔しい。転売屋たちに見事にやられた形だ。そして僕が購入手続きをとってからも、相場はどんどん上昇している。それだけ需要が大きいんだろうなぁ。

転売屋たちがいるからこそ、こうやってお金さえ出せば購入できるというべきなのか、転売屋たちのせいで、購入できなかったというべきなのか。非常に複雑な気分。ちなみに定価は税込みで620円(´・ω・`)

猛省した。

猛省した。僕はこうみえて、結構慎重派。おいしい話なんてなくて、何か罠があるんじゃないかと疑ってしまう節がある。今回も、ちゃんと調べて、納得してから購入しようと考えていた。品薄になっているという情報をつかんでおきながら、甘くみていたよ。でも本当に逃したくないものは、慎重さも大事だけど、同じくらい瞬発力も大切だね(´・ω・`)ハンセイ

煽るわけじゃないけれど、今もAmazonでの相場は上昇し続けている。本当に欲しい人は、急いで購入したほうがいいかもしれない。僕個人的には、定価の数倍を出す価値はあると思う。ただし開通期限まで、まだ時間はある。熱が冷めれば、一気に相場が崩れる可能性もあるので、そのあたりは一種の賭け。自己責任にて判断してほしい。

最後に注意点を1つ。ドサクサにまぎれて、書籍のみ(SIMなし)のものを定価以上で売っている人もいる。購入の際は、詳細をよく読んで購入するようにしてほしい。

 

以上、ゆとり隊長でした(`・ω・´)!

Twitterもやってるよ~。

あなたの応援が更新へのエネルギー♪ よかったらポチっとしてね★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 


PAGE TOP