2015年をふりかえりと、2016年の目標。

早いもので、今年もあと1週間でおしまい。今年はどんな1年だったかな。良いことも、悪いこともあったよね。ということで、自分語りチックに2015年をふりかえる。今日はそんなお話だよ(`・ω・´)!

…なんて書いておきながら、大したことを書けないんだ。ごめんね。でも僕の内面では、結構いろいろと起こった1年間だったんだ。

仕事を辞めるか本気で悩んだ1年。

結果的には踏みとどまったんだけど、仕事を辞めようと本気で思い悩んだ1年だった。

今僕が働いている職場は、相対的に考えて労働環境は良い職場だと思っている。だけど今の職場以外の場所では、何もできないのではないかという恐怖が常にある。転職の際に需要がある職種でもないし、かといって個人で何かできるスキルが身につくわけでもない。のんびりと生きたいと願う以上、いざとなれば世間を渡り鳥のように飛び回れるフットワークがほしい。

そう願うのなら、多少きつくても、フリーランスでも生きていけるようなスキルが身に付きやすい職場を最初から選ぶべきだったのかもしれない。でも学生時代の僕は、サラリーマンという生き方にかすかに期待していたから、それをしなかった。もちろん自分の興味のある仕事を選んではいるけれど、それでも安定していてホワイトそうな会社というフィルタリングを行っていた。

だから見極めが必要だった。社会人になる前から、新卒で何年か働いたら、1つの選択をしようと考えていた。それは、その仕事に生涯の大半をかける決断をするか、別の生き方を模索するか、という選択だった。その2つで言えば、僕の答えは早い段階で決まっていた。それからは、近い将来に変化を起こさないといけないと思いながら、日々を過ごしていた。特に今年1年間は、それを真剣に考えていた。

多少の準備はしていた。でもね。結局恐怖に負けて踏み出すことができなかった。完全に恐怖に負けた。怖かった。ここで1歩前に進んだら、今まで積み重ねてきたものをすべて失うように感じてしまった。

今までは、少なくとも外見上は、多数派として生きてきた。自分で言うのもあれなんだけど、人並み程度には、真面目にがんばっていたと思う。そして社会からの恩恵を十分に受けていた。「真面目にがんばってきた人」という評価を勝ち取り、就職の際も、大きな苦労をすることなく、内定をもらうことができた。

なんというか、社会に守られている感覚。多数派に所属し、そこそこがんばってさえいれば、生きていく上では困らない。しかし世間は、はみだし者には冷たい。僕は自ら、そちらに向かおうとしている。僕は今まで、多数派のぬるい世界しか経験していない。そんな僕が、少数派の生き方を選んで本当に大丈夫なのか…。

考え出した時点で、だめだった。悩む時点で、考える作業が足りていないのだと気付いた。これだから、中途半端に真面目な人間はダメなんだよね。真面目に生き抜くこともできないのに、踏み出すにも時間がかかる。でも、これが等身大の僕なんだから、仕方がないね。気長にいくしかなさそう(苦笑)

 

ブログ開設。

退職をいったん断念してからは、不思議な感覚だった。まだ多数派でいられるんだという安心感もあったし、どこか新鮮な気持ちで仕事に取り組める自分もいた。しかし一方で、自分の思いすら実現できない自分自身に、心底がっかりしたのも事実だった。繰り返しになるけれど、実行に移すには考える作業がまだまだ足りないのだと感じた。

そして2015年5月。自分の考えをまとめ、再度自分を見つめなおす場として、このブログを開設した。今年一番、自分に影響を与えた出来事だ。思いつきで開設したのだけど、思いのほか効果的だった。ブログにアウトプットしていくことで、情報が循環するようになったし、様々な価値観を持つ人を知るきっかけにもなった。アウトプットするメリットは、想像以上に大きかった。

どんなに考えても、迷いがなくなるわけじゃない。それでも時間をかけて、価値観の棚卸しと様々なシミュレーションを行った。仕事を辞めたらどういう暮らしをしたいのか。生活の糧はどうするのか。どこに住むか。翌年の税金関係はどうなるのか。会社に退職理由をなんと伝えるか。仕事の引継ぎはどうするのか。辞めた後、本当に生活は大丈夫か…。

すべては頭の中で考えているだけで、この1年間で何かを成し遂げたわけじゃない。それでも自分の求めるライフスタイルを再認識できたし、そのために何が必要なのか、おぼろげながら見えてきた。決して無駄ではなかったなぁと思う。

 

来年は…。

ここで話は変わって、来年のこと。来年いっぱいでやりたいことはたくさんあるんだけど、仕事の状況に大きく左右されてしまうことは、わかりきっている。あまり無理な目標を立てるのも、僕の性格上、あまりいいとも思えないので、最低限達成したいものとして、とりあえず1つに絞った。

それは所有物の整理。来年2016年は、最優先事項として、所有物の整理を行うつもりだ。というのも、いざ仕事を辞めるときは、引っ越しを伴う可能性が高いからだ。そうなったときに、大量の所有物は足枷でしかない。それにこのブログでは、節約とミニマリズムの融合をうたっているけれど、どうも節約のほうに、重点が極端に偏ってるからね。ここらで少し、てこ入れしておきたいなぁ…なんて思いもちょこっとだけ(`・ω・´)笑

もう少し具体的に言うと、所有物を3割程度にしたい。1週間もあれば、引越しができるような状況を目指したい。節約だけでなく、ミニマリズムの恩恵を存分に受け取りたい。節約による経済的な身軽さに加えて、ミニマリズムによる物理的な身軽さを手に入れたい。

…これが2016年の目標。これだけは何とかクリアしたい。昔から捨てるのが苦手だから苦労しそうだけど、がんばるぞ(`・ω・´)!!

 

最後に。

僕にとって2015年は、リセットと心機一転の年だった。学生時代から何年も積み重ねた思考を一度ゼロに戻し、自分との対話を通して、再び1から構築するという作業をした1年だったように思う。ある意味、何の進展もない、停滞していた1年とも言えるかも。でも以前より、自分への理解が深まった…はず(´・ω・`)? 

今年も残すところ1週間。振り返ってみれば、今年も決して悪くない1年間だったなぁ。来年も、きっといい年になる。引き続き、マイペースにのんびりと暮らしていこうと思う。

ということで、来年もよろしくお願いいたしますね。以上、ゆとり隊長でした(`・ω・´)!


PAGE TOP