格安SIM利用歴3年超…格安SIM導入時の背景と、決め手となったメリット。

格安SIMを使い出してから、3年半くらいになる。格安SIMが爆発的に広がったのは最近の話で、僕は比較的古くからのユーザーじゃないかと思う。たびたびこのブログで、格安SIMという言葉は登場しているとおり、エコノミニマルな暮らしを目指す僕には、とても魅力的な存在だ。最近、知人から格安SIMについての相談も多いので、一度まとめておこう。今日はそんなお話だよ(`・ω・´)!!

 

あ、この記事は「【企画】稼ぎたいなら格安SIMカードの記事を書け【その2】」に乗っかった記事です。今のところ、このブログと相性の良い内容なので、第2弾にも挑戦。偶然にも僕は、格安SIMユーザーなので、本来の趣旨とは外れてるけど、まぁいいよね(´・ω・`)笑

関連記事:現金主義者がクレジットカードを賢く使うための基礎知識まとめ!

 

僕が格安SIMを使うようになった背景

海外生活がきっかけでスマホを利用

僕は今までキャリアとの契約は、すべてガラケーだ。学生時代、友人が次々とスマートフォンに変更していく中、僕はガラケーを持ち続けた。だってガラケーで不便してなかったから。ちなみに学生時代は、パケ放題みたいなプランだったので、それなりの金額を払ってたよ(´・ω・`)

そんなとき、転機が訪れた。ちょっとしたきっかけがあって、数ヶ月ほど海外を旅行する機会があった。その際、知人から「中古でも何でもいいから、スマホを持っていくといい。Wifi経由で使えるだけでも便利だ。」と熱烈な説得を受け、5,000円ほどの中古スマホを購入した。

知人のアドバイスは的確なものだった。パソコンなしで日本にいる家族や友人とSkypeができるし、Googleマップには何度も助けられるし、調べ物だってできた。カメラの画質もきれいで、デジカメがわりとしても重宝した。スマホすげーってなった。流行るものにはワケがあるね。

これが僕のスマホとの出会い。

節約への目覚め

また「リアルで語れる趣味がない!?オンラインだからこそ熱く語れる僕の趣味と、はまったきっかけ。」でも書いたんだけど、2011年ごろに2冊の書籍に出会い、本格的に節約に目覚めた。海外旅行をしたのも、時期的にはかなり近い。

年収100万円の豊かな節約生活

Bライフ―10万円で家を建てて生活する

 

帰国後、今まで有線でのみ使っていた自宅のネット環境を、無線で接続できるようにした。そう、自宅でもWifi経由でスマホを利用するためだ。問題は外出中のネット環境だった。節約に目覚めた僕は、高額な通信料は、真っ先に削減すべきものだった。ただ自由に動ける学生時代はともかく、将来的には何かしらの手段が必要になるだろうと考えていた。しかし今後もガラケーに高額な通信料を払うのはあほらしい。でももっと高額なスマホの通信料を支払うのは嫌だ。

そんなときに見つけたのが、格安SIM(MVNO)だった。今では数多くの格安SIMがあるけれど、当時は2~3個くらいしかなかったんじゃないかなぁ。

 

決め手となったメリット

圧倒的なコストパフォーマンス

1つは当然だけど、圧倒的なコスパの良さ。僕は別に高速通信なんて求めてなかった。とりあえずネットに接続できれば良かった。そんな僕にとって、当時は1,000円、今では500円程度から使える格安SIMは、ものすごく魅力的だった。

解約料フリー

コスパの良さと同じくらい魅力的だったのが、縛りがないこと。キャリアとの契約だと、だいたい2年縛りとかあるよね。だけど格安SIMなら、業者によるけれど、多くの場合、初期費用が3,000円くらいで、利用期間には縛りがない。いつやめても、解約料はかからない。このことを知り、当時はまだ情報が少ない中で、格安SIMの利用を決めた。

今ではAUの回線を使うものもあるけれど、当時はDocomoの回線を使ったものだけだった。以前に購入したスマホはAUのものだったため、新しくDocomoのスマホを手に入れる必要があった。それでも5,000円程度で手に入る。本体代や格安SIMの初期費用をあわせても、リスクは1万円くらい。十分に価値のあるリスクテイクだと考え、実行に移した。

はじめての格安 SIM かんたんスタートガイド ([実用品])

格安SIM超入門2015年最新版 (洋泉社MOOK)

 

終わりに

これが、僕が格安SIMを導入したきっかけや背景、そしてそのときに抱いていたメリット。このまま続きを書きたかったんだけど、長くなりそうだったので、今日はこの辺で。近々、格安SIMを4年近く使った感想などを絡めて、続きを書くので、またきてね(`・ω・´)!

以上、ゆとり隊長でした(`・ω・´)♪

Twitterもやってるよ~。

あなたの応援が更新へのエネルギー♪ よかったらポチっとしてね★
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

 


PAGE TOP