ブログ開始宣言。

nontouka-eieio

はじめまして。ゆとり隊長です。
本日、2015年5月3日より、ブログを書き始めようと思う。
最初の記事なので・・・とりあえず軽い自己紹介(`・ω・´)

何かと話題に欠かないゆとり世代!

しかも、ゆとりの第一世代ですよ(`・ω・´)
たしか、僕の2~3個上の先輩たちは、ゆとり教育は受けてない。
僕たちこそが、ゆとりの最前線を生きてるのだ。

ゆとり世代とか、ときにはさとり世代とか呼ばれる。
マイナスな印象を与えることも多いみたいだけど、個人的には嫌いじゃない。

「こいつ、ゆとり世代だからな~(笑)」
「そう、世間で噂のゆとり世代です(笑)」

ゆとり世代というのは、ひとつのキャッチフレーズ。
他のみんながどうかわからないけど、個人的には当てはまることも多いから、喜んで受け入れちゃう。

今まではほどほどに優等生?

勉強は嫌いだったけど、成績は悪いほうじゃなかった。
親から「『親に努力する姿を見せる』か『親に良い結果を見せる』か、どっちかだけでもしなさい」と言われ、後者を選び続けた。
家で勉強したくない一心で、学校の授業中に宿題まで終わらせる・・・真面目なのか不真面目なのかわからない(苦笑)

そのまま地元の進学校、それなりの大学へと進学。
大学時代はとにかく好きなことばかりしてた。
今思えば、友人とひたすらだべったり、家でだらだらしていただけ。
でも単位はきっちり量産したよ(´・ω・`)

なんだかんだ、気付けば就職していた。
今のところ、それなりに無難な社会人を演じてるはず。たぶん。

だけどそれだけ。
今となっては学校の成績も学歴も、何の役にも立たない。
勉強なんかより、大切なものってたくさんあると感じる今日この頃。

目指すはお金より時間な生き方

大学時代後半からずっと、違和感があった。
社会に出たら、仕事を第一に考えないといけないらしい。
会社に雇ってもらってるのだから、多少の自己犠牲は仕方がないらしい。

 

仕事は生きるための手段。
当たり前だけど、生きるために働くのであって、働くために生きるわけじゃない。
どうしても矛盾しているように感じた。
実際に働いてみれば、違和感も消えるのだろうか。

既に何年か働いたけど、消えない。
偶然良い職場だったみたいで、思ったよりも労働環境は悪くない。
でもやはり違和感はぬぐえない。

同時にわかったことがある。
お金なんてそんなにたくさんなくても、楽しく生きていける。
一人暮らしでも、年100万円もあれば、僕には十分だった。
学生時代よりもずっと生活レベルは落ちている。
でも無駄遣いを辞めただけであり、大した努力も我慢もせず、達成できた数字だった。

そうであれば、収入を半分にする代わりに、労働時間を半分に減らすほうが幸せではないか。
別に優等生である必要はないと思っている。
学生時代のテストの点数と違って、絶対的な基準はないもんね。

まとめ

大雑把になったけど、最初の自己紹介としてはこれくらいかなぁ。

このブログでは、『その気になれば誰にでも実現可能で、現実的な生き方』としてのミニマルライフについて考察していきたいと思っている。
起業して年収3,000万円とか、投資で資産1億とか、そういう話はもうおなかいっぱいだからねぇ。

そんな感じでブログを更新していこうと思っています。
出来立てほやほやのブログだけど、もしよかったら見てやってくださいね。
ゆとり隊長でした♪


PAGE TOP